様々なスクラバーの仕組み

category01

洗浄塔とも呼ばれるスクラバーは、工場から排出される塵やガスを取り除くために開発された装置です。
長い筒のような装置で内部にアルカリ性か酸性の洗浄液を噴出して塵やガスの毒素を中和するものなんですが、その仕組みを湿式と言います。

湿式の他に乾式という、活性炭をはじめ吸着剤また専用フィルターに塵やガスを通す仕組みがあります。
吸収剤を用いる吸収塔も開発されました。

いずれ定期メンテナンスが必要です。

メンテナンスしていないものはかえって大気を汚してしまいます。

スクラバーの情報探しはそれほど難しくありません。

塵やガスを取り除くだけでなく、その嫌な臭いを処理したいでしょう。

臭気の種類に合ったスクラバーを選んでください。



スクラバーの機能も種類によって様々です。

ホームページなどでその機能を確認することができます。

一覧表が掲載されていれば臭気とスクラバーの種類を一目で把握できます。

日本は化学工場も数多くその多量の有害物質を含むガスが問題になっていますが、スクラバーで問題を解決することができるかもしれません。



この装置で集められた多量の塵やガス水は、洗浄液で徹底的に洗浄されて大気中へ放出されます。

その設置環境に合った様々な形状や仕組みのものが開発されていますが、開発されたものをインターネットサイトで購入することもできるでしょう。
サイトで性能や大きさ、価格などを確認することもできます。
何かについて説明が必要な場合や実物が見たい場合は遠慮なく問い合わせてください。

スクラバーの注目情報

category02

スクラバーは日本語にすると洗浄集塵装置でしょうか。この装置の下部から塵やガスを送り、上部から洗浄液を出して水など溶媒を噴霧させます。...

subpage

スクラバーの秘訣

category02

スクラバーは工場などから排出される空気に含まれて仕舞う、有害ガスやチリを取り除く装置です。また洗浄塔とも呼ばれるスクラバーは縦に長い筒状の大きな機器で、その内部にはアルカリ性または酸性の洗浄液を噴出させて空気内の汚染物質を中和・除去します。...

subpage

スクラバーのわかりやすい情報

category03

工業製品の製造を行う化学工場では、強い火力を伴う燃焼加工の実施時に、大気汚染公害の原因となる有毒ガスを排出する可能性が高いものです。過去の日本国内では、特に高度経済成長時代において全国的に大気汚染が広がり、公害病として認定されるほど深刻な被害を引き起こしたこともあります。...

subpage

スクラバーの専門知識

category04

大気中に拡散する工場などからの排出ガスには、有害な物質が大量に含まれているものです。その中には強烈な悪臭を放つ物質もあり、そのまま放出してしまうと周辺地域への被害が発生します。...

subpage